インフォメーション

ごあいさつ

令和2年の1月から始まった新型コロナウィルスという全く未知のウィルスとの闘いは、残念ながら現状、日を追うごとに混沌とし泥沼化しています。

2020年の東京オリンピックも来年に延期されましたが、これも先が見えない状況です。名古屋についてはリニア整備に関する名駅周辺の再開発が一段落して軸足が栄に移り、久屋大通の再整備から中日ビルの建て替え、栄三越前の栄角地開発など将来に向けて開発が目白押しの状況です。しかし新型コロナウィルスの件で景気が急落してどうなってしまうのかという一抹の不安はなかなか拭い去れないものです。

当NSKについては令和元年度にホームページをリニューアルし、新しくデータを画像化しました。そして情報ライブラリーとして分かりやすさに努め”目に見えるNSK”を今年度も目指します。

一方、私たちは一昨年前に久屋大通地下のセントラルギャラリーにて会員有志の建築作品展を行い、多大な反響を得ました。これを隔年開催として定例化し、今年度(令和3年1月)には第2回を開催し、NSKと一般市民の皆様との更なる交流を目指す所存です。

そして、当会に世界最新の建築情報をご提供くださる建築ジャーナリストの淵上正幸氏の講演会も昨年10年目を迎え、今年11年目から新しいスポンサーで出発いたします。

又、今年度は新型コロナウィルスの影響により令和元年度に開催できなかった建築見学会も企画する予定です。そして、その新型コロナウィルスによって、設計事務所も多くが現在テレワークを導入しました。これをきっかけに働き方改革の一環として、設計事務所における今後の働き方も変化するものと思います。

このように私たちは名古屋に本社を置く専業の設計事務所の代表者を会員とする団体として、建築を通して真の発展とは何かを考えつつ、本当に魅力のある建物・街づくりを実現できるように活発に活動していきたいと思います。

令和2年(2020年)5月28日
代表理事 西井 信幸

会の目的

本研究会は名古屋市に本社を置く建築設計専業事務所の代表者を会員として、都市・建築の設計監理業務の質的向上を図り、名古屋の建設文化の発展に寄与することを目的としています。

  • 本研究会は目的を達成するため下記の活動に取り組んでいます。
  • 1.建築設計監理業務等の円滑な推進を計るための研究
  • 2.業務の関して、行政との協力
  • 3.情報の交換及び、技術の向上のための講習会の開催
  • 4.その他当法人の目的達成に必要な事業

沿革

  • 昭和63年

    任意団体として発足

  • 平成15年

    有限責任中間法人として法人化

    総務 ・総会及び理事会の運営
    ・役員選挙、定款改正について
    ISO1400 ・ISO1400について
    研修・見学 ・信州安曇野と松本美術館見学
  • 平成16年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    ・全員協議会の開催及び理事会選挙について
    企画・開発 ・名古屋市CASBEE制度及び電子納品について
    情報 ・官庁業務発注について
    環境 ・エコ事業所について
    ・ISO認定について
    研修・見学 ・浜名湖花博の見学
    ・名古屋市ほのか小学校の見学
  • 平成17年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    ・事務局移転及び理事会選挙について
    企画・開発 ・ホームページ開設について
    情報 ・官庁業務発注の実態調査について
    ・会員増強について
    環境 ・エコ事業所認定について
    研修・見学 ・エコ事業所認定について
    ・名古屋大学(野依記念館等)の見学
  • 平成18年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・ホームページの制作
    ・会員事務所における積算業務実態調査
    情報 ・官庁発注業務の実態調査
    環境 ・エコ事業所認定の取得等
    研修・見学 ・見学会、講習会の開催
  • 平成19年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    ・理事選挙について
    ・会員事務所における業務運営等の情報交換
    企画・開発 ・ホームページの運営
    ・会員事務所における確認申請業務実態調査
    情報 ・官庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    環境 ・エコ事業所認定のための相談会の開催
    ・CASBEEの講習会開催
    ・名古屋青少年交流プラザの見学
    研修・見学 ・建築基準法一部改正について講習会開催
    ・茅野市民館の見学
  • 平成20年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    ・法人法改正への対応
    企画・開発 ・CPD認定方法の調査
    情報 ・官庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ運営
    環境 ・CASBEE名古屋の講習会開催
    ・CASBEEあいちの講習会開催
    研修・見学 ・福井県立図書館・恐竜博物館の見学
    ・博物館明治村の見学
  • 平成21年

    一般社団法人に移行

    総務 ・総会及び理事会の運営
    ・一般社団法人化
    企画・開発 ・技術者の品格講習会開催
    情報 ・官庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページのリニューアル
    環境 ・環境に関する講習会開催
    研修・見学 ・中村キースへリング美術館・八ヶ岳美術館の見学
    ・名古屋市立植田東小学校の見学
  • 平成22年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・愛知県・名古屋市建築設計業務委託アンケート調査
    調査 ・事業所情報交換アンケート調査
    ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    情報 ・官庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    環境 ・環境調和型社会に関する講習会開催
    研修・見学 ・宗次ホール見学会開催
    ・セラミックパーク美濃見学会開催
  • 平成23年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・愛知県・名古屋市建築設計業務委託アンケート
    調査 ・事業所情報交換アンケート調査
    ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    ・設計者選定の現状と望ましい方法講演会開催
    情報 ・官庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    環境 ・ユメリア徳重見学会開催、エコ事業所認定促進
    研修・見学 ・「名古屋のDNA」講演会開催
    ・神丘中学校見学研修会開催
    ・「円空仏…そして瞑想の森」見学研修会開催
  • 平成24年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・会員情報アンケート調査
    ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    情報 ・官庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    環境 ・建物の多重効用化とエネルギーの活用講習会開催
    ・塩尻サイベックコーポレーション地下工場他見学会開催
    研修・見学 ・非構造部材(天井)の耐震化講習会開催
    ・金沢鈴木大拙館及び海みらい図書館研修見学会開催
  • 平成25年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・建築家賠償保険制度の講習会開催
    ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    情報 ・官公庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    環境 ・日射をコントロールするための設計技術講演会開催
    研修・見学 ・これからの建物に求められる姿と実現のための仕組み作り講習会開催
    ・設楽町新庁舎、設楽中学校研修見学会開催
  • 平成26年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・建築家賠償保険制度の講習会開催
    ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    情報 ・官公庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    環境 ・六合エレメック見学会開催
    ・「環境に配慮した中小規模オフィス」講演会開催
    研修・見学 ・「建築コンサルタント業務等における入札・契約手続きに関するガイドライン」講習会開催
  • 平成27年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・名古屋市との意見交換会開催
    ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    情報 ・官公庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    環境 ・「低炭素エコキャンパス実現を目指して」講演会開催
    ・ぎふメディアコスモス見学会等JIAとの共同参加
    研修・見学 ・「建築コンサルタント業務等における入札・契約手続きに関するガイドライン」講習会開催
    ・愛知学院大学名城公園キャンパス研修見学会開催
    ・中京テレビ放送新社屋研修見学会
  • 平成28年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    ・「堀川となごやのまちづきりに関する講演会」開催
    情報 ・官公庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    研修・見学 ・見学会の企画
  • 平成29年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    企画・開発 ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏 講演会開催
    ・「(仮)栄一丁目御園座共同ビル工事現場見学会」開催
    ・「2040年に向けた名古屋の街づくり講演会」開催
    情報 ・官公庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    研修・見学 ・京都迎賓館見学会の開催
  • 平成30年

    総務 ・総会及び理事会の運営
    ・事務所アンケート調査
    企画・開発 ・建築ジャーナリスト淵上正幸氏講演会開催
    ・「民法改正と設計監理契約講演会」開催
    ・「名古屋街づくり講演会」開催
    ・セントラルギャラリー・会員による「建築作品展」開催
    情報 ・官公庁発注業務の実態調査
    ・公募プロポーザル・コンペ情報
    ・ホームページ管理
    研修・見学 ・静岡建築見学会

定款

第1章 総  則
(名 称)
第1条
当法人は、一般社団法人「名古屋建築設計研究会」と称する。

(事務所)
第2条
当法人の主たる事務所は、名古屋市内に置く。

(目 的)
第3条
当法人は、都市・建築の設計監理業務において、その質的向上を図り、 もって名古屋の建築文化の発展に寄与することを目的とする。

(事 業)
第4条
当法人は第3条の目的を達成するため下記の事業を行う。
  1.建築設計業務等の円滑な推進を計るための研究活動
  2.業務に関して、行政との協力
  3.情報の交換及び、技術の向上のための講習会の開催
  4.その他当法人の目的達成に必要な事業

(公告の方法)
第5条
当法人の公告は、官報に掲載する。

第2章 社  員
(社 員)
第6条
  1.社員は、名古屋市に本社を置く建築設計専業事務所の代表者で構成されるものとし、以下会員と称する
  2.当法人の会員になろうとする者は、会員2名の推薦を得て、入会申し込み書に入会金を添えて申し込み、理事会の承認を得なければならない。
  3.入会金は、退会者に対しては、これを返還しない。

(会 費)
第7条
  1.会員は、会費を納めなければならない。
  2.会費及び入会金は、定款細則で定める。
  3.既納付の会費は、その理由の如何を問わず、これを返還しない。

(除 名)
第8条
会員が、当法人の名誉を毀損し、若しくは当法人の目的に反するような行為をしたとき、又は会員としての義務に違反したときは、総会の決議 により、その会員を除名することができる。

(設立時の会員の名称及び氏名ならびに住所)
第9条
会員の名称及び氏名ならびに住所は別紙1のとおりとする。
第3章 理事及び監事

(理事及び監事)
第10条
  1.当法人に次の理事及び監事を置くものとする。
    代表理事   1名   副代表理事  2名  
    理 事  若干名  監   事   2名

  2.理事の任期は、就任後2年以内の最終の事業年度に関する定時総会の終結の時までとし、監事の任期は、就任後4年以内の最終の事業年度に関する定時総会の終結の時までとし、再選を妨げない。但し、補欠者の任期は前任者の残任期間とする。

(選 出)
第11条
理事及び監事は、会員の中から選挙により選出するものとし、総会の承 認を得て選任する。但し、必要があるときは、会員以外の者から選任する ことを妨げない。
代表理事、副代表理事は理事の互選とする。

(役員の職務権限)
第12条
理事、監事の職務及び権限は以下による。
  1.代表理事は、本会を代表し、会務を統括する。
  2.副代表理事は、代表理事を補佐し、代表理事に事故あるとき又は代表理事が欠けた時は,代表理事があらかじめ指名した順序によって、その職務を代行する。
  3.理事は、理事会を構成し、会務の執行を図る。
  4.監事は、会の財産状況を監査すると共に、理事の業務実行状況を監査する。
  5.監事は理事会に出席することができる。ただし議決には加わらない。

(顧問・相談役)
第13条
当法人に顧問及び相談役を置くことができる。
  顧問及び相談役は代表理事が理事会に諮りこれを委嘱する。

(報 酬)
第14条
当法人の理事・監事及び会員は原則としてすべて無報酬とする。
  但し、専任者についてはこの限りではない。
第4章 社員総会及び理事会

(総 会)
第15条
当法人の総会は、定期総会及び臨時総会とし、定時総会は、毎年5月にこれを開催し、臨時総会は、理事会において必要とされた場合開催する。 総会においては、下記の事項を議決する。
  1.定款及び定款細則の改正
  2.予算及び決算
  3.除 名
  4.解 散
  5.その他代表理事が総会に付議することを必要と認めた事項

(開催地)
第16条
総会は、名古屋市内において開催するものとする。

(招 集)
第17条
総会の召集は次のとおりとする。
  1.総会は、代表理事がこれを招集するものとする。
  2.総会の招集は、理事の過半数で決する。

第18条
総会を招集するには、会日より5日前までに各会員に対して、その通知 を発するものとする。

(決議の方法)
第19条
総会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、総会員の議決権の 過半数を有する会員が出席し、出席会員の議決権の過半数をもって、これ を決する。

(議決権)
第20条
各会員は、各1個の議決権を有する。
  会員は代理人を選任して代理権を授与し、行使することができる。この場合、代理権を証明する書面を提出しなければならない。

(議 長)
第21条
総会の議長は、出席会員の中から選任する。

(議事録)
第22条
総会の議事については、議事録を作り、これに議事の経過の要領及び、その結果を記載し、議長及び出席した理事がこれに記名押印するものとする。

(理事会)
第23条
理事会は、理事で組織し、年6回開催することを原則とする。代表理事 が必要と認めた場合又は2名以上の理事から会議の目的たる事項を示し て請求があった場合に随時開催する。

第5章 会  計

(事業年度)
第24条
当法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。

(監 査)
第25条
当法人の事業報告、収支決算書及び財産目録は、毎会計年度の終わりに作成し、監事の監査を得て理事会議決後、総会の承認を得る。

第6章 附  則
(その他)
第26条
この定款に規定のない事項は、別に定める定款細則による他、すべて一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年度法律第48号)その他の法令によるものとする。

第27条
本定款に定めるものの他必要な事項は、理事会の議決により代表理事が これを定める。
  尚、繰越金として有限責任中間法人「名古屋建築設計研究会」における基金は一般社団法人の資産に移行する。

平成29年5月18日実施




定  款  細  則


(入会金及び会費)
第1条
入会金は、20,000円とする。
第2条
会費は、次の通りとする。
  1.会費は年額 24,000円とする。
  2.会費は、年度途中で入会した者は、当該年度においては、入会した月からの月額により算定した額とする。

(退会)
第3条
会員が退会しようとするときは、その旨を代表理事に書面で届け出なければならない。

(会員の規定等)
第4条
  1.定款第6条の「建築設計専業事務所の代表者」は、当該事務所の法人代表者または法人代表者が当該事務所の代表として選任した者とし、当法人の会員名簿に当該事務所の代表者として登録される。
  2.会員は当法人の何れかの委員会に委員として登録される。
  3.会員は自らの事務所の在籍者を当法人の何れかの委員会の委員として推薦することができる。この推薦を受けた者は、理事会の承認を得て、当法人の委員会名簿に委員として登録される。
  4.定款第17条の「顧問・相談役」は、当法人の会員または当法人の理事及び監事経験者とする。
  5.顧問は理事会にオブザーバーとして常に参加し、相談役は代表理事の要請がある時に理事会にオブザーバーとして参加し、理事会に助言をする。また、顧問・相談役は委員会に委員として参加できる。

(事務局)
第5条
本会は事務局を代表理事の事務所内に置く。事務局は以下の業務を掌りその対価を支給する。
  1.理事会の場所の設営
  2.預貯金及び印鑑の管理・保管
  3.会費請求及び入金の確認
  4.会計業務及び登記・納税業務
  5.会員との連絡業務
  6.その他会の運営上に伴う業務

(代理人の選定)
第6条
定款第20条の議決権を行使する代理人は、会員又は代理人を選定する。
会員の事務所に所属する職員とする。

平成24年4月12日実施

ページトップボタン